ホーム > 東邦医学会賞

東邦医学会賞について

東邦医学会賞は,本学内で実施された独創的研究に基づく論文を対象に,これを
行った優秀な研究者に対して贈られるものです。これは,受賞者の今後さらなる飛
躍を期し,研究振興の一助となることを目的として,昭和34年に制定されました。
(東邦医学会雑誌46巻4号より一部抜粋)

東邦医学会賞候補論文募集


令和3年度東邦医学会賞受賞論文が決定しました。


受賞者・受賞論文

令和3年度(2021年度) 受賞者・受賞論文

鴫山 文華 (内科学講座糖尿病・代謝・内分泌学分野(大森))
Efficacy of dapagliflozin versus sitagliptin on cardiometabolic risk factors in Japanese patients with type 2 diabetes: a prospective, randomized study (DIVERSITY-CVR).Cardiovasc Diabetol. 2020 Jan 7;19(1):1. doi: 10.1186/s12933-019-0977-z.

石井 健 (皮膚科学講座(大森))
Pemphigus Vulgaris and Foliaceus IgG Autoantibodies Directly Block Heterophilic Transinteraction between Desmoglein and Desmocollin.J Invest Dermatol.2020 Oct;140(10):1919-1926.e7. doi: 10.1016/j.jid.2020.02.010. Epub 2020 Mar 3.

・全受賞者・発表論文一覧

東邦医学会賞審査規程


東邦医学会賞審査規程

Copyright (C) Medical Society of Toho University, 2006-. All Rights Reserved.